くろがね小屋で極寒の夜を過ごし、目覚めた朝は、青空のまぶしい快晴だった!

7:15 部屋の窓から外をみると、すでに出発準備をしていた団体客。
e0083204_11474653.jpg


8時チェックアウトのくろがね小屋だが、まだ風が残っていたのと、斜面が凍ってカリカリのようなので、
くろがね小屋のおじさんとお話ししつつ、しばらく出発を待つことに。

くろかね小屋の天気予報も晴れ!
e0083204_11553763.jpg


8:30 いよいよくろかね小屋を出発。
風も収まり、斜面も何とかシールで上れるくらいに緩んだ。
e0083204_11584575.jpg

e0083204_1159486.jpg


飛行機雲が垂直に登っている。
e0083204_120386.jpg


8:55 快調な登り
e0083204_1211777.jpg


9:11 気持ちのよさそうなバーンを見つけたので、荷物をデポして急斜面を登り、一本すべることに。
e0083204_1233058.jpg

登る前にエネルギーチャージ
e0083204_124165.jpg

9:48 カリカリの急斜面を何度か滑落しながら、30分かけて上りきった。
板のエッジが利かないくらい固く、途中から板をはかずに肩に担いで登ったが、
ブーツも刺さらないから、結局5メートルくらい滑り落ちることを繰り返し、やっとこさのぼりきったかんじ。
e0083204_12125288.jpg

上りきった向こう側にあだたら山の頂上が見えた。
e0083204_12134855.jpg

さらに上を目指そうとする案内人二名
e0083204_12145271.jpg

「ここまでこないともったいないですよー」という言葉に負けて、
再び急斜面を登る
e0083204_12154084.jpg

10:16 頂上に到着!眺めは最高!目の前には巨大なバーンが広がっている。
e0083204_12183689.jpg

各自一人ずつ順番にデポしたところまで一気に滑り降りた。
広くて長くて、誰もいないバーン。それはそれは気持ちよくすべることが出来ましたw
今シーズン最高の一本だった。。。(余韻)

11:52 再び山を上り始め、左手には船明神が見えてきた。
数十年前までは、この辺りに村があり、手前に見える平らな広場で野球をしていたらしい。
e0083204_034857.jpg

道案内の看板も意味がないくらい凍り付いている!
e0083204_0104596.jpg

12:18 のぼりの難所が近づいてきた・・・雪はすでに無く、岩場をよじ登る
e0083204_011531.jpg

12:42 細心の注意で登る・・・
e0083204_013246.jpg

下をみると足がすくむ
e0083204_0134393.jpg

12:49 危険地帯を抜けると、鉄山の岩が目の前にそびえている
e0083204_0151657.jpg

記念撮影(イメージ山男風)
e0083204_016282.jpg

13:07 岩の左側をトラバース。岩がずーっと連なってる。
e0083204_0174778.jpg

カリカリの雪にスノーシューのスノーボード隊は大苦戦。
e0083204_0192838.jpg

13:24 鉄山避難小屋に到着。冬季はドアが封鎖されていて、窓から侵入する仕組み。
e0083204_0214072.jpg

小屋の中に入るのが面倒だし、天気も良いので外でランチ。
感動のアルファ米。お湯を入れてしばらく待つとホクホクのご飯が出来る!
e0083204_0223130.jpg

14:00 箕輪山に向かって出発!
e0083204_23584547.jpg

15:02 ひたすらトラバースを続けて箕輪スキー場の上を通過。
e0083204_0451849.jpg

15:17 見覚えのあるポイントに到着。昨年も滑った、いい感じの斜面。
雪面のヒビが恐ろしい感じだが、気温も下がって雪が締まってるから大丈夫だろうと判断。
e0083204_0501377.jpg

ということで一人ずつDrop In!
“ザーーーっ”と音を立てて追いかけてくる粗目の雪と競争で一気に滑り降りる。気持ちいい!
16:00には道路まで滑り降りて、お迎えにきてくれたロッジの若旦那(?)シンヤさんの車で撤収。
e0083204_0552479.jpg

よく歩き、楽しく滑った大満足の一泊の旅でしたー。

[PR]
by mamering | 2009-04-12 12:20 | スキー&バックカントリー

1/31(土)、2/1(日)。
いつもお世話になっている沼尻高原ロッジを基点に
裏磐梯猫魔スキー上の裏山を滑る、バックカントリーへ。

今回はおニューのアイテム、トレッカー&シールのデビュー戦。
道具の調整は念入りに行います。
(ひろみさんのお父さんありがとう!)
e0083204_0384058.jpg


スタート地点は、猫魔スキー場のリフトで一番上まで行ったとこ。
トレッカーとシールを装着して一時間ほどのハイクアップ。
重い板を背負って登っていた昨年とは比べ物にならない快適さ。
板を滑らせて登れるから、重みがずっしりこないで済む。
もっと早くトレッカーを手に入れておくんだった!!
※登る勇姿はyoshiさんブログでみれるのだ。

お天気は曇り。
上のほうは寒さも充分、樹氷と雪の真っ白な景色がキレイ。
e0083204_0444973.jpg

e0083204_046499.jpg

e0083204_0511327.jpg

木の間隔も狭すぎず、楽しく滑れます。
e0083204_0464766.jpg

途中、猫魔の化け猫に化かされた感じで一瞬方向がわからなくなりつつも、
楽しく軌道修正w
e0083204_0493193.jpg

e0083204_050248.jpg


この日は、夕方まで下まで滑ってはまたリフトで登って、裏山入って・・・を繰り返し、
へとへとになるまで雪山を堪能したのでした。

トレッカー&シール、いい感じです!

今回滑ったとこ。3月は雄国沼らへんを滑る予定~

[PR]
by mamering | 2009-03-10 01:01 | スキー&バックカントリー

またまたいってきました、福島の旅。
ナビゲートは毎度お世話になります沼尻高原ロッジの若女将ひろみさんと看板犬フィーゴ。
e0083204_172666.jpg


11月にもなれば冬モードはいっきに加速、
日が暮れるのが早い早い・・・。
紅葉トレッキングといってみたが、
既に山々は茶色に色あせていたのであった。
沼尻温泉の源泉を目指す道すがら。
e0083204_183367.jpg

温泉が流れ落ちる滝
e0083204_194520.jpg

きわどい崖ポイントを数箇所超えつつ歩くこと30分で源泉に到着!
この板が敷いてある下を温泉が下の旅館めがけて下っていくのだ。
e0083204_1102893.jpg

と、ここで携帯の電源が切れて写真が取れなくなった。
※前に撮った源泉の風景
源泉のお湯は猛烈に熱く、そばを流れる冷たい川と合流する辺りがいい湯加減になる。
既に先客が作った天然露天風呂があったので、そこで足湯を堪能。
湯の花が前来たときより少なかったのは、なにか温泉の周期のようなもののせいか。

夜中はロッジの露天風呂から満点の星が見え、空の中央には天の川も確認できた。
流れ星も2つ見れて、満足して1日目は就寝。


2日目朝、早起きして「朝さんぽ」へ出発。
猛烈に寒い。どのくらいかというと霜柱がたつほど!
e0083204_1224936.jpg
e0083204_1231185.jpg

先頭を歩く女将とフィーゴ。
この後、右の林に突入していく。
e0083204_1241475.jpg

山も下のほうにはまだ紅葉の名残が。
e0083204_1262661.jpg
e0083204_1264811.jpg

e0083204_1274727.jpg
e0083204_1281840.jpg

朝日もいい感じにすがすがしいぞ!
e0083204_1285449.jpg

それにしても進行方向右手はかなりの崖。
落ち葉の積もった足場は滑るすべる・・・
「朝さんぽ」ならぬ「朝トレーニング」的な険しさで、
後ろのほうからは悲鳴が聞こえる。。
e0083204_1312026.jpg

「この険しい道には覚えが・・・」と思ったところ、やはりそうでした。
約1年前に初ロッククライミングに挑戦した岩がそびえたっていた。
e0083204_1381232.jpg

お散歩の最後は生い茂る熊笹を掻き分け、
斜度30度はありそうな斜面をはいつくばって登りきって終わり。
ハードな散歩のご褒美がこの眺め。茶色い・・・が、きれい。
e0083204_1393729.jpg

e0083204_1401247.jpg


朝食を食べたら早速、本日登る予定の山、鬼面山を目指す。
前回バックカントリーで滑った箕輪の裏山の程近くだ。
野地温泉から登り始めて15分ほど鬼面山が見えてきた。不気味な横顔だ。
e0083204_1443225.jpg

「低地トレッキングでーす♪」との女将の言葉に多少なめてかかってたが、
現場についてみればものすごい強風。まともにまっすぐ歩けないほど。
髪の毛がびしびし顔に当たって痛い。
自然とこんな感じの体制に・・・
e0083204_1434597.jpg

e0083204_147972.jpg

左からきて右に向かいますー
e0083204_1483558.jpg

すれ違う登山客がことごとく心配そうに「これから行くんですか?気をつけてくださいね・・・」と
忠告していた意味を、頂上で実感。
さえぎるものの何もない頂上では、今までに体験したことのないほどの強風が吹き荒れていた。
手を広げて垂直飛びをしたら2メートルくらいは前に飛べるんじゃないかってくらい(体感)。


これまでの登山は天気に恵まれていたので、この暴風には面食らったけど、
「鬼面山」という奇妙な名前とともに荒涼とした風景が記憶に刻まれたのでした。。。

>masak1tkdさん  福島の源泉への旅
>yoshiさん 沼尻源泉
[PR]
by mamering | 2008-11-12 01:57 | 国内旅行

<2日目>天気057.gif

前日からのあいにくの雨だけど、めげずに桃狩りに出発。
お世話になったのは、同じく福島のあんざい果樹園さん。
e0083204_17155684.jpg

あんざい農園のお嫁さんがやっている、とてもとてもお洒落なカフェや、
お母さんがやっている素敵な焼き物の展示販売スペースも併設されている。

が、何といっても先ずは桃狩り!ということで、バケツを手渡された。
e0083204_17205892.jpg

「何個とっていいの?」と聞けば、「いくつでも」と気前の良いあんざい農園のかた。
色が赤くて丸いのが美味しい桃だとの情報を得て、いざ桃林に突入!
たわわに桃が実っている!夢のような光景だ016.gif
どれが美味しい桃なのでしょうか!?
e0083204_17223268.jpg

雨のせいか、余計にみずみずしく見える・・・ウットリ。
この子を戴きましょう011.gif
e0083204_1728117.jpg

何度取りに来てもいいとのことなので、まずは、4つ選んで食べてみることに。
e0083204_17302980.jpg


<ワンポイントアドバイス>
・桃の線の入ってるところ(窪んでるところ)は、あまり甘くない
・上から見てプックリ膨らんでるところが美味しい。
(この写真だと上と下の部分)
e0083204_17324787.jpg

ということで、膨らんでるところだけを食べるという、なんとも贅沢な手段で4つの桃をたいらげた。
私には桃を見る目がないらしく、皮をむくときもりんごのようにシャリシャリ音がする
硬いものばかりを選んでしまっていたが、みんなは程よくやわらかいものを食べていた・・・
とはいえ、硬くても甘い桃もあったし、何より初めての桃狩りだから大満足♪

ここで、お昼から開くというお洒落カフェ cafe in CAVEでブレイク。
古民家から集めてきたという、なんともレトロで不ぞろいの家具たちがセットされた
こじんまりとした空間は、とても落ち着く雰囲気。

この時期のお勧めはなんと言っても桃スムージー
ヨーグルト風味の桃のシャーベットの上に桃の角切りが乗っている、絶品だ!
e0083204_1885256.jpg

ここでは、シーズンにあわせたデザートを開発しているらしい。
9月になれば梨、10月にはラ・フランスのデザートがでるとか。
来月も行きたい!!

焼き物の展示のほうも古民家を改築したようなお洒落な空間だった。
e0083204_18134983.jpg



お持ち帰りのお土産用に、桃をさらに3つほどもぎって、今回の旅は終了~。
沼尻高原ロッジの皆様、今回も楽しいたびをありがとうございました!
[PR]
by mamering | 2008-08-23 18:16 | 国内旅行

先週末、motokoさんyoshiさん、yoshiさんの仕事仲間のHさんと福島にカヌーツアーに行ってきた。
宿&ガイドは、またまたお馴染みの沼尻高原ロッジ

<初日>天気057.gif

ロッジの女将、hiromiさんをガイドに、
福島の曽原湖というとても小さな湖でカヌー体験!

カヌーをレンタルしてくれたのはペンションもくもくさん。
e0083204_14584623.jpg

ライフジャケットを身に着けたら湖へ出発。
道の両側には野の花(ハーブ?)が生い茂っていてメルヘンチック。
e0083204_1581399.jpg

e0083204_1593414.jpg
e0083204_1595927.jpg

猫の親子も。(3匹いる)
e0083204_15154066.jpg


あいにくの雨ではあったけど、いよいよカヌーに乗船(?)
小さな湖の周りには別荘やペンションが立ち並ぶ。
桟橋つきの別荘、とても素敵だった!
ユラユラ左右に揺れてなかなか安定しませぬ。(↓yoshiさん)
e0083204_1422832.jpg

どうしても右が強い私は湖の真ん中で左回りにぐるぐる回ってしまう。
前はもうちょっとうまかったのにな~。
つりを楽しんでる人も多かったが、おそらくバチャバチャと
オールを水面にたたきつけるわれらに、魚は逃げてしまっているに違いない。
e0083204_15173612.jpg

目的地の対岸のキャンプ場に到着。
桃を食べて一休みしてスタート地点に再出発。
e0083204_15314460.jpg

e0083204_1535138.jpg

帰り道、右1:左4くらいの割合でこぐとなんとかまっすぐ進むことが判明。
いつかすいすい進むようになって、ユーコンを下りたい!!

夜はロッジでBBQ。
鳥、豚、牛、羊、とうもろこし、ナス、ウィンナーが続々焼けてくる!
e0083204_161747100.jpg

とうもろこしが最高!
e0083204_16192033.jpg

シンガポール料理のバクテーも振舞われた。
作れるもんなんですねー。体によさそうなとても美味なスープ。
e0083204_16204654.jpg

手作りの木苺ジャムに、ブルーベリージャム、チーズをクラッカーに乗せて食す。
e0083204_1622675.jpg

〆は自家製のカスピ海ヨーグルトにブルーベリージャムを混ぜて。
プルンプルンのヨーグルトで美味!
e0083204_16232846.jpg


こうして満腹になり、極上温泉に入って、1日目は更けていったのだった・・・
(夜は意外と寒い)
[PR]
by mamering | 2008-08-23 15:35 | 国内旅行

散歩から旅まで。お出かけ記録