昨年9月に行った新婚旅行、北海道旅行について再び気を取り直して書こうと思う。

北海道旅行5日目、阿寒湖のアイヌコタンでランチを楽しみ、お土産を手に入れた後、
再び車に乗ること小一時間、楽しみにしていた野営地 オンネトー に到着。
ちなみに、オンネトーはアイヌ語で「老いた湖」の意味。
雌阿寒岳(左)と阿寒富士がオンネトーの後ろにそびえる。
e0083204_23515825.jpg

オンネトーの魅力は、アカエゾマツなどの原生林に囲まれた不思議な色の湖面。
時間によって色が違って見えるのだ。
こちらは昼過ぎのオンネトー
e0083204_235207.jpg

こちらは朝のオンネトー
e0083204_2352066.jpg

こちらは夕暮れのオンネトー
e0083204_23515686.jpg

この神秘的な湖をたっぷり堪能するのにぴったりなのが、
オンネトーの畔にあるキャンプ施設、オンネトー国設野営場だ。
設備もきれいで、炊事場、水洗トイレ付の管理棟が完備されている。
秋の気配近づく9月半ばの北海道だからか、人気(ひとけ)は殆どなく、
数人のライダーと貸しきり状態で、自然にどっぷり浸ることができた。

こちらが我らの選んだ場所。
ベンチとテーブル、焚き火台があって、なかなか過ごしやすい。
今回はここにテントを張って2泊した。
e0083204_04692.jpg

すぐ脇の小道を進んでいくと・・・・
e0083204_041038.jpg

オンネトー湖畔でれるのだ。
e0083204_04873.jpg

湖の畔には、ぼーっと水面を眺めて過ごすのにピッタリなベンチ(丸太を切ったもの)がいくつか置いてある。
そこに腰掛けて、コーヒーや紅茶を飲みながら063.gif
普段の生活とはかけ離れたスローペースな時の流れを堪能することができた。

とはいえ、ボンヤリ座っているだけでは2日間もいると飽きてしまうので、
オススメの過ごし方を提案。


その1:朝、オンネトーの周りをぐるっと一周お散歩
ゆっくり歩いて一周1時間ちょっとのちょうど良いトレイルが湖の周り約4kmくらいを囲っているので、
朝ごはんを食べた後の探検にちょうど良かった。
オンネトーは熊の生息地の為、朝のお散歩にはチリンチリン音が鳴る熊すずが必須だと思う。

朝の原生林はみずみずしい
e0083204_125925.jpg

散歩で見かけたシラカバ
e0083204_125354.jpg

さらに、ねじれたシラカバ
e0083204_125657.jpg

倒木に目が生えている
e0083204_125494.jpg


その2:近くの民営国民宿舎にある野中温泉に入る
散歩のあとに訪れた野中温泉。実は、予備知識はあまりないままに行ったのだが、
著名人のサインがズラリ!知る人ぞ知る秘湯、名湯らしく、確かにお湯も雰囲気も素晴らしく良い温泉だった!
露天風呂は、男子露天風呂と女子露天風呂の間に小さいついたてがあるだけのかなり開放的な設備。
行ったときはたまたま貸切だったので「わっ」とびっくりしただけで済んだけど、他の人が入っていたら・・・?


その3:木彫りで暇つぶし
アイヌコタンで観てきたアイヌの人たちの木彫りの民芸品を見るうちに創作意欲がわいてくるのか、
おもむろに落ちていた棒を拾い、ナイフで彫り始めたA氏。
e0083204_1513112.jpg

どうやら熊らしい。
e0083204_151294.jpg

完成品。
e0083204_1512932.jpg


その4:夜のオンネトーを堪能する
オンネトーの静まり返った夜、街の光はもちろん一切届かず、天気が良いと空には満天の星がでる。
朝、隣にテントを張っていた一人旅の女性ライダーが、
湖にたくさんの星が映って上も下も星だらけ!まるで宇宙のようだった!と、教えてくれた。
湖に続く道があまりに暗かったため、夜はまったく近づかなかったことを大後悔。
ぜひリベンジして宇宙を見たいと思った!


[PR]
by mamering | 2010-07-03 00:30 | 国内旅行

3日目の午後に羅臼を出発して、夜、摩周湖・屈斜路湖のふもとの街、川湯温泉に到着。
宿はきたふくろう
平日で空いていたので、露天風呂も貸切状態、原生林を眺めながらゆっくりできた。

翌朝は、まず川湯温泉街からすぐの硫黄山(アトサヌプリ=裸の山)へ。
(知床にも「硫黄山」あったな・・・全国にいくつあるのかな?)
e0083204_0494298.jpg

白い噴煙がもくもくと立ち上っている。
e0083204_1104917.jpg

硫黄で黄色くなっている噴出孔では温泉卵が作られていた。
e0083204_1334829.jpg


次の目的地は霧の摩周湖
e0083204_0271558.jpg

第一展望台に着いた時は湖面が見えないほどだったけど、
しばらく待っていると徐々に晴れてきた。
e0083204_13112768.jpg

第三展望台につくころには霧はすっきり晴れて、真っ青な湖面を堪能。
e0083204_13161343.jpg

対岸もバッチリ。
「霧の摩周湖が晴れているとは、なんてラッキーなんだ!」と興奮したものだけど、
実は意外と晴れることも多いという噂もあるようで。。。
e0083204_131799.jpg


続いては屈斜路湖の砂湯
湖岸の砂を掘ると、熱い温泉が湧き出る不思議なところ
e0083204_13223616.jpg

こんなふうに、ベンチが置いてあって、湖の水でお湯をぬるくして入るのだ。
e0083204_1323239.jpg

なかなか天気も良くてのんびり出来る、お勧めスポットだ。
ベンチは数が限られているので、
自前で持ち運び可能な簡易イスを持っていくと、お気に入りの場所に座れてよい。
e0083204_1323596.jpg


下の地図を「写真」モードに切り替えると硫黄山のところだけ木が無いのがよくわかる。

[PR]
by mamering | 2010-02-07 13:25 | 国内旅行

またまたいってきました、福島の旅。
ナビゲートは毎度お世話になります沼尻高原ロッジの若女将ひろみさんと看板犬フィーゴ。
e0083204_172666.jpg


11月にもなれば冬モードはいっきに加速、
日が暮れるのが早い早い・・・。
紅葉トレッキングといってみたが、
既に山々は茶色に色あせていたのであった。
沼尻温泉の源泉を目指す道すがら。
e0083204_183367.jpg

温泉が流れ落ちる滝
e0083204_194520.jpg

きわどい崖ポイントを数箇所超えつつ歩くこと30分で源泉に到着!
この板が敷いてある下を温泉が下の旅館めがけて下っていくのだ。
e0083204_1102893.jpg

と、ここで携帯の電源が切れて写真が取れなくなった。
※前に撮った源泉の風景
源泉のお湯は猛烈に熱く、そばを流れる冷たい川と合流する辺りがいい湯加減になる。
既に先客が作った天然露天風呂があったので、そこで足湯を堪能。
湯の花が前来たときより少なかったのは、なにか温泉の周期のようなもののせいか。

夜中はロッジの露天風呂から満点の星が見え、空の中央には天の川も確認できた。
流れ星も2つ見れて、満足して1日目は就寝。


2日目朝、早起きして「朝さんぽ」へ出発。
猛烈に寒い。どのくらいかというと霜柱がたつほど!
e0083204_1224936.jpg
e0083204_1231185.jpg

先頭を歩く女将とフィーゴ。
この後、右の林に突入していく。
e0083204_1241475.jpg

山も下のほうにはまだ紅葉の名残が。
e0083204_1262661.jpg
e0083204_1264811.jpg

e0083204_1274727.jpg
e0083204_1281840.jpg

朝日もいい感じにすがすがしいぞ!
e0083204_1285449.jpg

それにしても進行方向右手はかなりの崖。
落ち葉の積もった足場は滑るすべる・・・
「朝さんぽ」ならぬ「朝トレーニング」的な険しさで、
後ろのほうからは悲鳴が聞こえる。。
e0083204_1312026.jpg

「この険しい道には覚えが・・・」と思ったところ、やはりそうでした。
約1年前に初ロッククライミングに挑戦した岩がそびえたっていた。
e0083204_1381232.jpg

お散歩の最後は生い茂る熊笹を掻き分け、
斜度30度はありそうな斜面をはいつくばって登りきって終わり。
ハードな散歩のご褒美がこの眺め。茶色い・・・が、きれい。
e0083204_1393729.jpg

e0083204_1401247.jpg


朝食を食べたら早速、本日登る予定の山、鬼面山を目指す。
前回バックカントリーで滑った箕輪の裏山の程近くだ。
野地温泉から登り始めて15分ほど鬼面山が見えてきた。不気味な横顔だ。
e0083204_1443225.jpg

「低地トレッキングでーす♪」との女将の言葉に多少なめてかかってたが、
現場についてみればものすごい強風。まともにまっすぐ歩けないほど。
髪の毛がびしびし顔に当たって痛い。
自然とこんな感じの体制に・・・
e0083204_1434597.jpg

e0083204_147972.jpg

左からきて右に向かいますー
e0083204_1483558.jpg

すれ違う登山客がことごとく心配そうに「これから行くんですか?気をつけてくださいね・・・」と
忠告していた意味を、頂上で実感。
さえぎるものの何もない頂上では、今までに体験したことのないほどの強風が吹き荒れていた。
手を広げて垂直飛びをしたら2メートルくらいは前に飛べるんじゃないかってくらい(体感)。


これまでの登山は天気に恵まれていたので、この暴風には面食らったけど、
「鬼面山」という奇妙な名前とともに荒涼とした風景が記憶に刻まれたのでした。。。

>masak1tkdさん  福島の源泉への旅
>yoshiさん 沼尻源泉
[PR]
by mamering | 2008-11-12 01:57 | 国内旅行

十勝川温泉到着~

e0083204_18193842.jpg

お爺ちゃんの88歳、米寿のお祝いに、十勝川温泉、第一ホテルに到着。リニューアルしたばかりの綺麗なお部屋。ここの温泉は世界で2つしかない植物性のモール温泉。茶褐色のお湯で薬草の香り。美肌効果があるとか!

ホテルの中にはアイヌの作品が展示してある。
e0083204_2105178.gif

e0083204_2122734.gif


米寿の祝いの席
キンキラキンの装飾。このあと金のちゃんちゃんこと帽子をかぶってみんなで記念撮影。
e0083204_2152770.gif


次の日は快晴!青空と緑がまぶしい。
北海道なのに暑い・・・
e0083204_2175458.gif

e0083204_12142648.jpg

[PR]
by mamering | 2007-08-11 18:19 | 国内旅行

乾杯

e0083204_9194141.jpg

夜はおじいちゃんを囲んでカラオケ大会。写真は「乾杯」を熱唱するお父さん。
[PR]
by mamering | 2007-08-10 09:19 | 国内旅行

祝白寿!99歳!!

e0083204_1521028.jpg

北海道の新篠津温泉たっぷの湯にておじいちゃんの白寿を祝う会が催された。
そこで北海道発祥のスポーツ、パークゴルフに挑戦。
e0083204_1531232.jpg

e0083204_9142668.jpg

e0083204_1215475.jpg

e0083204_122133.jpg

簡単そうに見えてなかなか真っ直ぐ転がらない。。そこがまた面白い。お父さんはホールインワンを出して喜んでいた。途中で大雨になって、ゲームが中断してしまったのが残念だけど、またやりたい!
[PR]
by mamering | 2007-08-10 09:14 | 国内旅行

吾妻渓谷~草津・軽井沢

小雨が降るなか、草津・軽井沢方面にドライブ。
降ったりやんだりの天気。だけど、霧が幻想的・・と言えなくも無い(?)
e0083204_18524448.gif

吾妻渓谷にかかる橋。
e0083204_1854684.gif

草津に移動。大滝の湯で温泉に入って、湯畑散策。
温泉饅頭をただでもらって食べる。
西の河原でおにぎりを食べた。
e0083204_18543582.gif

e0083204_18555559.gif

湯畑
e0083204_18562941.gif

e0083204_18564419.gif


その後、鬼押し出しにも行ったけど、大雨で霧が立ち込め、何も見えなかった!
光るコケは綺麗だった。

日も暮れかけた頃、旧軽井沢に移動して散策。
雲上の池
e0083204_18574947.gif

今度は明るいうちに行ってサイクリングでもしたいものだ。

帰りは碓氷峠を通った。途中の古めかしいデカイ橋。
上れるらしいので暗がりの中上っていった・・・
e0083204_195056.gif

すると橋の上には明かりのついたトンネルが!
どこまでつづくのか!?怖すぎて深入りは出来ず。
一部情報によると、トレッキングルートだとか・・・
e0083204_1965332.gif


怖いトンネルをあとにしてしばらく走ったところ、
目の前を通過する黒い影!
よく見るといのししとその子供うり坊の一群だった!
縞々の模様まではっきり見えたうり坊は4,5匹程いたか。。
ラッキーな出会いだった♪
[PR]
by mamering | 2007-07-29 12:49 | 国内旅行

本格キャンプ in 河口湖

紅葉もチラホラ見受けられる10/28-29、
念願のテント泊キャンプを河口湖にて実行!

お世話になったオートキャンプ場PICA富士吉田で、
道具一式をレンタルするという“手ぶらdeキャンプ”!

借りたテント2つ。左:男子部屋  右:女子部屋
e0083204_2357213.jpg

まずは本番インドカレー茶碗蒸し野菜スープをクッキング。

内容量50%はホールトマト のカレー。
他にはカボチャ、ピーマン、ジャガイモ、にんじん、たまねぎ、鶏肉、スパイス各種が入ってます。(マヤンクの作品)
e0083204_2024178.jpg

キャンプで茶碗蒸し!?
火加減などを調節しつつ、3回目にしてクリーミーな激ウマ茶碗蒸し完成!
(クリスさんの作品)
e0083204_20452750.jpg

あまりものの野菜とセロリで作ったスープ。野菜って甘い!
e0083204_2243571.jpg

パチパチ音を立てる焚き火を8人で囲んで、
「美味しい!美味しい!」を連発しながら、アウトドア料理に舌鼓。。。
まことに幸せなヒトトキ・・・

食事を堪能した後は、車に乗り込み
河口湖沿いで開催中の「富士河口湖紅葉まつり」へGO。
有名な“もみじ回廊”は紅葉にはまだ遠かった・・・
散策中に雨がシトシト・・・慌ててキャンプサイトへ戻る。

いよいよ本降りになってきたので急いでタープを張って、
その下に宴会場を設営。ランタンを灯してホッと一息。
e0083204_215442.jpg

ザーザーと降りしきる生憎の雨ニモ負ケズ
そのままタープの下で夜中まで続くトランプ大会へと突入。
周りの迷惑にならないように声をひそめる努力も無駄なほど盛り上がる。
もはや、トランプの4種の模様はおろか、数字まで識別できなくなる人物続出。
そんな様子を見ながら、お酒の恐ろしさを知る。
e0083204_2118137.jpg

さすがに夜の冷え込みはキビシく、体が冷え切ったところで、0時就寝。。。
湿った寝袋の中で寒さに震えながらの過酷な睡眠だけど、
テントに打ち付ける雨の音、背中に感じる地面の感触、
ランタンの燃える匂い、その全てがアウトドアをしているという実感を高めたのであった。。。
(テントで寝るのは小学生の頃家族といったキャンプ以来だな)

【霧雨残る二日目・・・】
木々の間から差し込む朝日が美しい。
e0083204_21532093.jpg

テントの片づけを終えて、二日ぶりにさっぱりすべく、
温泉「富士眺望の湯ゆらり」へ。
真正面に富士山が見える露天風呂が売りだが、
あいにく富士山は雲の中。。。時どき下のほうの裾野が見える程度。
それでも、すっきり、さっぱりで冷え切っていた体もぽかぽかに。

お昼は、温泉のおっちゃんオススメのほうとうのお店「不動」へ。
どろどろに溶けたカボチャが美味い!
麺は小作よりもうどんに近い。
e0083204_22165149.jpg

その後、富士急ハイランドの「ええじゃないか」に乗るプランを
次回に繰り越して、かねてより気になっていた忍野八海へ。
e0083204_23185256.jpg

「とてもキレイだ」という話は母から聞いていたが、
実際に、水深10Mの中池を見て、鳥肌が立った!
池の底までハッキリと見通せるほどの透明度、
そしてその中を悠々と泳ぐ魚たち。
底にゆれる水草も、角度によっては光を発しているかのごとくきらめいている。
今まで見たことのない、嘘みたいな景色がそこにはあった。。。。
e0083204_23262166.jpg


と、ここまで書いて「忍野八海wikipedia」を見てショック!

<以下、wikipedia引用・・・>
「出口池」「御釜池」「底抜池」「銚子池」「湧池」「濁池」「鏡池」「菖蒲池」以外の池は「忍野八海」とは何ら関係の無い人工池である。特に池本荘の前面にある「中池」は、比較的規模が大きく忍野八海の中心に位置する事などから、多くの観光客はこれが忍野八海の1つと勘違いしてしまう。また、この「中池」の中心には別の深い池が存在しているが、こちらも人工の池であり、観光時には注意が必要である。


そりゃ、考えてみれば、石垣で囲ってあったし、
羽を切られたガチョウみたいなのもいたし、
あきらかに人工的な風景だった・・・
何の疑いもなしにあっさり感動してしまった自分に猛烈反省。
・・・しかし、キレイであった。。。。
今度はよく晴れた日に行ってみたいぞ!


かくして、キャンプツアーは終了したのでありました。
また、キャンプをしたいぞ!
[PR]
by mamering | 2006-10-29 23:57 | ちょっといいこと

安達太良山登頂!

翌朝8時にロッジを出発し、安達太良山山頂を目指す!
天候は小雨。ぬかるむ足元に気をつけながら
歩くこと1時間半。尾根らしきところに出てきた。
が、真っ白で何もみえん。
e0083204_23521492.jpg

がけっぷちも多い。
e0083204_23523654.jpg

こんな道。
e0083204_23525113.jpg


黒豆さん発見!
うまいうまい。食べまくる。
最後には黒豆レーダーがかなり強力に働いていて、
遠くからでも黒豆の野生の群生を発見することができるまでに!
e0083204_23531411.jpg


かれこれ歩いて3時間ほどで山頂~。
頂上はご年配の方で大賑わい。
われらの通ってきたルートは田部井氏曰く「裏ルート」。
誰とも会わない隠れた「黒豆ロード」なのであった!

帰りは小雨の影響で岩が滑りやすく、
2度ほどコケて、ひじをすりむき、あざをつくってしまった。
こんな怪我、中学以来ではなかろうか。

疲れ果てたところで、例の温泉で足湯♪

足の疲れもぶっ飛び、一気に下山~。
久しぶりの登山、意外とまだまだイケそうな自分を発見。
もっと山に登りたいぞー
[PR]
by mamering | 2006-09-17 23:50 | ちょっといいこと

桃狩り!

山梨に桃狩りにきました。
e0083204_2013737.jpg

15時立川出発の遅めスタート。
奥多摩のワインディングロードを
ブルーのインテグラで爆走しつつ、
山梨に到着したのは18時くらいか↓
e0083204_2015377.jpg

桃園のおばちゃん、いい人。
「(今日は)最後だから」って、
桃とスモモとネクタリンを振る舞ってくれた↓
e0083204_20135016.jpg

いよいよ桃狩り↓
e0083204_0592248.jpg

2メートルくらいの高枝切りハサミみたいなマジックハンドで、
桃をガッシリ掴んで引っ張ると、ブチっととれる。
雨上がり直後だったので、引っ張っると
雨粒が上から落ちてきて、これまた、楽しい。

7個で2000円↓
e0083204_2015810.jpg

スーパーよりは高いけど、
サービス分の果物と「狩る」というイベント性を考慮すれば
十分満足なお値段。

しばし、桃園のおばちゃんと楽しんだあとは
甲府の市街を一望できる露天が見事な「ほったらかし温泉」へ。
今回は夜景でしたが、なんでもお薦めは朝焼けだとか。
ぜひ10月のキャンプのときは御来光を拝みたいものだ。
富士山も見えた。

さくっと温泉に入ったあとは、
山梨といえば・・・「ほうとう」。
ということで、小作へ。
茸ほうとうを食して満腹~。

こうして一日が終わったのだ。
[PR]
by mamering | 2006-08-12 20:13 | ちょっといいこと

散歩から旅まで。お出かけ記録