北海道旅行記をちょっとお休みして、
最近、試写会で観た映画『シャッターアイランド』について。

監督スコセッシ×主演ディカプリオのアカデミー賞コンビが仕掛けるミステリー

--- あらすじ ---
精神を病んだ犯罪者を収容する絶景の孤島“シャッター アイランド”。島内の鍵のかかった病室から、1人の女性が煙のごとく消えた。残された暗号、解けば解くほど深まる謎。この島は何かがおかしい…。全ての謎が解けるまで、この島から出ることはできない。

「シャッター アイランド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


事前に手渡されたパンフレットを読んでいて、
なにか仕掛けがあるらしいことが分かっていたため、
登場人物の言動も全て「裏があるのでは?」と疑いつつ観ていた。
が、みんな怪しすぎて裏の裏の裏の裏...をよみすぎて、
結局は作り手の思うがままに翻弄されていた。

オチがいえないので何とも感想を述べにくいけど、
誰が正気なのかがわからない不安感と、
じとっ・・とした背景の音楽(効果音?)があいまって、
私がミステリーに期待する、心の“ザワザワ感”は、バツグンだった。

そして、物語の仕掛けを知ってしまうと、
今度はその正解を確かめるために、
改めて映画を最初から観たくなるというおまけつき。
うまい。

DVD早くでないかな・・・
[PR]
by mamering | 2010-03-26 00:30 | よもやま

earth

映画『earth』を六本木のTOHOシネマでみてきた。

ストーリーは、北極から始まり、どんどん南下し
各地の気候ごとに自然や動物を紹介しながら、
南極に到達、最後にまた北極に戻る。

以下、映画をみて印象に残ったこと。

・「このまま温暖化が進むと、2030年にはホッキョクグマは絶滅するだろう。」byナレーション
・・・って、あと22年!?
おばあちゃんになるころには、ホッキョクグマはいなくなってしまうかもしれないということ?

・アフリカのオカバンゴ湿地帯は偉大だ!

・暖かいインドで越冬するために8,000m超のヒマラヤ越えする鶴の群れ。
なにもそこ(ピーク)を超えなくとも・・・
 

乾季に湿地帯に向けて、一斉に移動を始める象やヌー、猿、
暖かい地に向けて、命がけでヒマラヤの風に挑む鶴の群れ、
5ヶ月の絶食の末、夏がくるとエサの豊富な南極に向けて移動する鯨の親子・・・

オトナからコドモへ伝えられる経験値なのか。
それにしてもどれも数千キロというとんでもない距離ですが、
目印とかもあんまりないだろうに、よく迷わないなぁ・・・と。
よくできてますなー。
誰が一番最初に動き始めるんだろ?


映画の公式サイトlovearth.comのサイトは面白かった。
中でも象のトラッキングはお気に入り。毎日更新だったらいいのに。
e0083204_21132516.jpg

[PR]
by mamering | 2008-02-17 02:07 | ちょっといいこと

e0083204_20565342.jpg

遂にみてきた「300」。
スパルタ300人vsペルシア100万人の戦いの映画だ。
期待通りのエンターテイメント感たっぷりの映画だった。学生の頃に世界史でならったテルモピュレーの戦いがテーマ。まさに肉弾戦。あの時代の戦いは今よりもずっとリアリティがあると思った。

ちなみに、今回利用したプレミアムシートはゆったりソファーになっていて、なかなか快適だった。プラス700円の価値。
[PR]
by mamering | 2007-06-24 20:56 | ちょっといいこと

トラックバックでホームシアターセットを当てよう!

お題「あなたはどんなお部屋にプラズマテレビ”PUREVISION”と
スマートシアターセットを設置して、どんな映像を楽しみたいですか?」
に回答

つまり・・・
 ・映画館のようなクリーンで大きな画面、
 ・サラウンドシステムで映画館のような臨場感たっぷりの音、
この2つを楽しめる贅沢なセットで何を観たいか?とのこと。

瞬時に浮かんだのが2年ほど前にハマりにハマった「オペラ座の怪人」!!
豪華絢爛なオペラ座のセット、地下に作られたミステリアスな怪人の家、そして出演人自らが歌ってくれる、あまりに有名な名曲の数々・・・
鳥肌が立ちっぱなしの映画です。

オペラ座の怪人 通常版
ジェラルド・バトラー / / メディアファクトリー
ISBN : B0009PIVR0

限定版を買うほどお気に入り。半年ぐらい、ずっと頭の中で歌っていた・・・


というわけで、私が“プラズマテレビ”PUREVISION”とスマートシアターセットを設置して”
観たいのは、この「映像美」「音楽美」を兼ね備えた映画「オペラ座の怪人」

で、ベストな「オペラ座の怪人」鑑賞環境は、
土曜日の夜、自分の部屋で。
お風呂も入って、歯も磨いて全部全部ぜ~んぶ終わらせた後で、
部屋を真っ暗にして、映画の世界にどっぷりつかる。
観終わったあとは、怪人の可愛そうな運命に涙しながら
ベッドにもぐりこみ、夢の中で再び映画の世界へ・・・
二度美味しい鑑賞方法ではないでしょうか!?
[PR]
by mamering | 2007-01-23 20:01 | よもやま

散歩から旅まで。お出かけ記録