タグ:グルメ ( 45 ) タグの人気記事

DEMODE DINER in福生

福生にずっと住んでいながら未体験だった16号沿いのDEMODE DINERのハンバーガーを食した!

11時半オープンなのに、11時45分には結構人がいっぱい。
クラシックカーやら、ハーレーやらで来てるひとも多く、地元民は少なそうな。
e0083204_12571023.jpg


頼んだのは、チーズバーガーにアボカドトッピング。
味はアメリカンな、ザ肉! という感じ。
もうちょっとジューシーなのが私はお好みだ。
e0083204_125723100.jpg


フクチャリなる自転車が何台かとまっていた。
福生限定のレンタサイクルかな?
e0083204_12573950.jpg



[PR]
by mamering | 2010-11-14 12:45 | ちょっといいこと

今年の夏に、縁あってお知り合いになったマダム・ミンミンさん。
彼女の主催する「紅茶DE おもてなし教室(TEA MIE)」に、参加してきた。

目的はずばり
「おいしく紅茶をいれられるようになりたい!」

実は、ワタクシ、コーヒーが苦手。
実家でも小さいころから、朝の一杯は紅茶063.gifだった。
今でも、ケーキには紅茶だし、キャンプ場での一杯も紅茶。
仕事の合間の息抜きの一杯も、甘めのロイヤルミルクティーがあると幸せだ。

でも、自分で入れるとやけに渋かったり、薄かったり・・・
もちろん、うまくいくときもあるけど、なんとなく色見て「これくらいかな?」と、
適当な判断でカップに注ぐ為、味はマチマチ。
なので、ここらでしっかり紅茶の入れ方を習っておこうと思ったのだ。

8月に1度「紅茶の入れ方」を習い、目からうろこが剥がれ落ちたところで、
9月は残暑厳しいこの時期にぴったりの「アイスティーのいれ方」がテーマ。

挑戦したのは、見た目にも美しいセパレートティー ↓↓↓
e0083204_13484183.jpg
2層に分かれて、まるでカクテルのようなのに、意外と簡単に出来てしまうのだ。

<セパレートティーの作り方>
 1.通常の2倍の濃さのホットティーを蒸らし時間30秒ほど短めで作る
   (茶葉2倍ではなく、水の量を半分に)
 2.別のポットに紅茶を移し、人数分×3倍(!!)のグラニュー糖を溶かす
   (ここの糖分濃度がセパーレートのキモの為、躊躇せず!だそうな。)
 3.グラスの口元まで氷をたっぷり入れる
 4.そこにホットティーを注ぐ(急冷)
   氷が解けてしまったら追加する
 5.氷めがけてゆっくりとグレープフルーツジュースを注ぐ
 6.完成
e0083204_1348284.jpg

最後のグレープフルーツジュースを注ぐ辺りが、集中力を必要とするけど
きれいに分かれた時の感動はひとしお。。。

知ってて損はない、実におもてなしにピッタリなドリンクだ。


そして、マダム・ミンミンの教室の更にスゴイところは、
紅茶だけでなく、お料理もデザートも堪能できる、という点。

例えば、テーブルコーデはこんな感じ・・・
e0083204_23213816.jpg

ウェルカム ティーはもちろん、見目麗しいオードブルが
爽やかなブルーのウェッジウッドのテーブルクロスの上にセットされている。

<気になったお食事>
 左:エビと野菜のコンソメジュレ カシスマスタードソース添え
   ミニトマトとチキンのハニーマスタードレモンマリネ(かの有名なレシピブロガーいっちゃんのレシピ)
 右:コッテージパイ(かの有名なレシピブロガーいっちゃんのレシピ)   
e0083204_2320852.jpg

※今回一番の驚きだったのが、FALLOT カシスマスタードの存在!
 マスタードにカシス味があったとは。しかも成城石井で簡単に手に入るらしい。
 今回のソースは、マヨネーズを1:1で混ぜて、ピクルス刻んだものが入り、酸味があって大変美味。
 見た目もピンクが鮮やかで可愛いので、今度成城石井に行ったら絶対に買うと決めた。

<デザート>
プランタンヌーボーのフルーツロールケーキ & ORINDOのローズパウンドケーキ
キャンディーというスリランカの茶葉でいれた癖のない紅茶と一緒に。
やっぱり、クラシックティーが一番飲み慣れていてホッとする・・・
e0083204_23553766.jpg



以上、5時間たっぷり食べて飲んでおしゃべりして・・・
紅茶のいれ方だけでなく、茶葉やアンティーク食器、調味料に至るまで、
さまざまなことが学べて、大変貴重で楽しいひとときを過ごせたのだった060.gif


ところでローズケーキが乗っている黒いお皿。
実は、これはヴァン クリーフ&アーペルの新作「ペルレ」発表会で私も同じものを頂いていた。
2皿セットだったけど、ミンミンさんの教室で素敵なお料理を乗せてもらったほうがお皿も本望だろう・・・
と思い、私のも差し上げた。4皿セットならきっとこれからも教室で活躍するはず!


~番外編~
せっかくなので、ヴァン クリーフ&アーペルの新作「ペルレ」試着の様子をば・・・
「ヴァンクリ」というと四葉のクローバー「アルハンブラ」が真っ先に頭に浮かぶけど、
こちらの「ペルレ」は○(まる)をモチーフにしたライン。
試着の結果、『ペルレ リング』のS(一番下の写真の左から3つ目)のピンクゴールドが一番しっくりきた。
しかもお値段は6万円台とヴァンクリのジュエリーにしてはリーズナブル!
ダイヤが煌いているものや、○の粒が大きいものは、どうも私の品疎な手にはめると
乗っかってるようにしか見えず、まだまだ自分はその器ではないのだな、と思った次第。
いつか似合うようになる日がくるのだろうか・・・w
e0083204_0301533.jpg

やっぱり、いつかはアルハンブラが欲しいなぁ。。。
[PR]
by mamering | 2010-09-13 14:10 | ちょっといいこと

北海道の旅~グルメ編~

9月13日~26日、二週間かけて北海道を
知床→摩周湖・屈斜路湖→釧路湿原→オンネトー→帯広→岩見沢→
サロベツ原野→稚内→礼文島→クッチャロ湖→サロマ湖、と旅をしてきました!

写真が多いので小分けに紹介予定。
まずはグルメ編・・・

北海道といえばイカ・エビ・カニ・ホタテ・鮭・ホッケ!
お腹いっぱい堪能011.gif

e0083204_2227783.jpg

左: 網走湖の道の駅メルヘンの丘めまんべつに隣接する「ウインズ」のしじみラーメン塩味と長いもラーメン醤油味。
   しじみは網走湖産。一粒があさり並に大きい。長いもは大空町産。
右: 知床国立公園への玄関街ウトロの「ウトロ漁協婦人部食堂」にていくら丼。
   醤油味の方が好きだけど、塩味でもプチプチしておいしい。



e0083204_2302649.jpg

上左: いももち&こけももジュース。知床自然センター内のフードコートにて。
上右: ウトロの料理屋「八重樫」で魚介ずくし。ホッケとお刺身。やや高級なお店。
中左: 屈斜路湖にあるアイヌ料理の店「屈斜路湖物語 丸木舟」の野生丼。
     鹿肉とギョウジャニンニクの卵とじ。確かに野性味のある味がした。
中右: 阿寒湖アイヌコタンにあるスープカレーのお店「木多郎」の野菜カレー。
     店内にはアイヌ音楽が流れる。
下左: 阿寒湖アイヌコタンにある「丸木舟」のキトピロラーメン。
     キトピロ=ギョウジャニンニク。パンチの効いた味でおいしかった!
下右: 帯広駅の豚丼。すぐに売切れてしまう人気商品らしい。
     紐を引っ張ると5分くらいで温まるのが良い。ボリュームもあって美味。



e0083204_1295992.jpg

上左: 礼文島の港町香深の「海鮮処かふか」のチャンチャンホッケ。
     ホッケのチャンチャン焼きは初めてだったけど、鮭よりおいしいかも!?
上右: 同上。火が通ってきたら、網の上で身をスプーンでほぐして頂く。
下左: 同じく「海鮮処かふか」の生ムラサキウニ。
     生きているのを開くため、目の前でウニの針がうごめく姿を眺めることに。
     衝撃的な光景だった。焼いた方がおいしかったー。
下右: 香深のフェリーターミナル前のお土産屋さん2階のお店で、ホッケのつみれ蕎麦。
     あっさりしていて意外といけた。



このほかにも旅館やホテルでおいしい北海道の幸を堪能して、
胃袋的にもかなり大満足な旅でした。
ひとつ心残りといえば、ウニの時期が終わっていたこと。
次回は、シーズン真っ只中の身がプリプリのバフンウニを食べてみたい!
[PR]
by mamering | 2009-10-11 01:41 | 国内旅行

イスラエル滞在中、毎日案内してもらっていては申し訳ない、
ということでhitomiさんと電車の旅に出た。
目的地は、ローマ時代の遺跡が残る地中海沿岸の都市カイザリア。
yofiyofiさんに時刻表だけ調べてもらっていざ出発!

と、その前に腹ごしらえ。
狙いはイスラエル名物の「ファラフェル
ピタパンの中にヒヨコ豆の詰まった丸い小さなコロッケが4,5五個入っていて、
いろんなお好みの野菜を詰めてもらえるのだ。
ガラスケースに並ぶ素材の中から、「これ、これ」と指差して選ぶ。
もちろん、「全部!」だけど。
(ちなみにお店のお兄ちゃん、昔東京に住んでたことがある、とのこと。へー。)
e0083204_14435932.jpg

こちらがその「ファラフェル」。かなりのボリュームだ。
味のほうも日本人好みでグー。
e0083204_14441791.jpg

おなかいっぱいになっていよいよ電車の旅スタート!
この高層ビルの下に駅があります。
e0083204_14505325.jpg

地中海沿岸を北上していくこの電車は2階建て。
勤務地に向かうのか、兵士たちの姿も多かった。
e0083204_14511039.jpg

しばし「世界の車窓から」気分を味わい、カイザリアの窓口駅Binyaminaで下車。
砂漠のような乾燥&日差しの中、タクシーで目的地へ向かう。
e0083204_14533994.jpg

駅から15分くらいで、お目当てのCAESAREA NATIONAL PARKに到着!
カイザリアの町の起源は紀元前4~3世紀ととても古い。
軍港としてヘロデ王(紀元前22年~)のときに現在のような形に再開発されたとな。
その後、イスラエルがローマに滅ぼされた後もビザンチン時代(4~7世紀)に
十字軍の基地として栄えたということで、遺跡のところどころに十字架が見られる。

こちらは十字軍の砦跡。
e0083204_159184.jpg

砦の天井には十字軍の証、十字架の形で梁が交差している。
e0083204_1592512.jpg

砦の外観。
e0083204_1594744.jpg

アーチ。横には階段もある。
立体交差する路だったのかな?
e0083204_1510748.jpg

白っぽい遺跡に地中海の青が映えること映えること・・・
e0083204_15103411.jpg

お金持ちの家か、はたまた公共浴場か。立派なモザイクが残されていた。
e0083204_15105782.jpg

この開けた場所、なにやら競技場のようだ。
左に写っている馬車に乗って、まさしく映画『ベンハー』のごとくレースが行われていたという。
e0083204_15113881.jpg

ご丁寧に、馬車に乗って記念撮影ができるようになっている
もちろん撮った。
e0083204_15121961.jpg

説明を読んでもいまひとつ理解できなかったけど、何かのスタート地点らしい。
e0083204_15131010.jpg

スタート地点から伸びるコースと平行に、観客席が設置されている。
e0083204_15133766.jpg

その観客席の上には、現代でいうところのスポーツジム(健康ランド)、いわゆる公共浴場があった。
地中海を一望できる絶好のロケーションだ。
e0083204_15144019.jpg

絵を見てわかるとおり、当時の公共浴場は、お風呂はもちろん、
運動をするところや、マッサージ室、床屋まで完備していたそうな。
e0083204_1515549.jpg

ライオンの頭?柱の装飾かな。
e0083204_15153256.jpg

ヘロデ王が設計したという円形劇場。
現在でも使われているとのことだったが、まさしくいった時も舞台がセットされていて、
夜にでも何かやりそうな雰囲気だった。
遺跡を当時と同じ目的で利用できるって珍しい。
e0083204_1516658.jpg

舞台の上で踊るhitomiさん。
ここで話した声は後ろのほうまでよく聞こえる。
e0083204_15162739.jpg

国立公園から少し歩くと、海水浴客が大勢いるビーチ沿いに、水道橋が続いている。
数十キロ離れた山から、カイザリアの町まで水を運んでいた。
e0083204_1517059.jpg


これまでの旅で見てきたリビアのサブラータ遺跡やローマのコロッセオ、ポンペイ、そしてこのカイザリア、
遺跡から得る印象は、まったく同じ。
いまは、こんなに違う都市なのに、確かに昔はひとつの国だったんだなーと実感。
ローマ帝国、いまさらながらその強大な力に恐れ入った旅だった。

夜、電車の旅からyofiyofiさんの家に帰って判明したことには、
どうやら、頼りない日本人女子2人を個人旅に送り出してからというもの、
余計に心配した一日を過ごす羽目になったらしい。
ゆっくりしてもらおうと思ったのに、計算違いw
[PR]
by mamering | 2008-10-19 15:20 | 海外旅行

エジプトとヨルダンにはさまれているイスラエル、当然気候は暑く乾燥している。
日中、テルアビブ市内の散歩に出かけると強烈な日差しがジリジリと照りつける。
e0083204_0171563.jpg

イスラエルの原宿にあたる、テルアビブのショッピング街には
フルーツジュースのお店が数多くあった。
ざくろジュースを購入。少し苦味があるけど、甘すぎるよりよい。
日中の散歩には欠かせない。
e0083204_020448.jpg

どこの国に行っても市場は楽しい。
本物か偽物かわからないが、激安のネイルにお菓子類。
そのあやしさがたまらない。
e0083204_023566.jpg

市場を抜けると静かな街角にでた。生地屋が多く集まる場所だ。
木には紫やら赤やらの花が咲いていてベンチでの一休みに最適。
e0083204_0251235.jpg


場所は変わって、再びテルアビブビーチからの眺め。
この先に見える塔が立っている一帯がオールドヤッフォと呼ばれる、
昔から続く古い街。イスラムの香りが漂う街だ。
e0083204_0302961.jpg

先ほどの塔の正体はこれ。三日月がシンボルのモスクの塔。
こんなところで、地中海に沈む夕日を見ながら食事を食べれたら素敵ですなー。
e0083204_0323733.jpg

そして、すぐそばにはカトリックの教会が。
ちょうどミサの始まりを告げる鐘が鳴り響いていた。
e0083204_0454424.jpg

教会前の広場にはお土産屋さん。アクセサリーがメイン。
e0083204_0464958.jpg

狭い路地の坂道を下っていくと猫が寝ていた。
この国は野良猫、放し飼いの犬が多い。
e0083204_0483829.jpg

家の扉は素敵な彫りの入った木でできている。
e0083204_0493212.jpg

路地にあったアクセサリーのお店ADINA PLASTELINA
若い夫婦の職人が作るオリジナル作品が所狭しと並んでいる。
日本の金太郎飴の要領で、模様を作っているそうな。だんなさん実演中。
一種の焼き物らしいけど、とてもきれいな発色で柄もいろいろあり、欲しいものがたくさん!
結局、魔よけのハムサ(手の平の形)型のアクセサリーを買った。2つで1万円弱。
e0083204_0534370.jpg

路地の坂道を下りきると、夕日に染まるヤッフォの港が目の前に。
e0083204_113444.jpg

オールドヤッフォの外壁。
e0083204_122289.jpg

この狭い階段を登ると、オールドヤッフォに戻る。
e0083204_144291.jpg


夕食はテルアビブの港で評判の魚料理の店に入った。
味は・・・微妙。やっぱり日本は食べ物が美味しい国だな~と実感。
e0083204_161892.jpg

イスラエルのコーヒーチェーン店(名前忘れた)
スタバのようなものらしい。
観光ホテルが多く立ち並ぶ場所でもあるためか、夜中でも人が多い。
e0083204_175082.jpg

[PR]
by mamering | 2008-10-08 01:08 | 海外旅行

<2日目>天気057.gif

前日からのあいにくの雨だけど、めげずに桃狩りに出発。
お世話になったのは、同じく福島のあんざい果樹園さん。
e0083204_17155684.jpg

あんざい農園のお嫁さんがやっている、とてもとてもお洒落なカフェや、
お母さんがやっている素敵な焼き物の展示販売スペースも併設されている。

が、何といっても先ずは桃狩り!ということで、バケツを手渡された。
e0083204_17205892.jpg

「何個とっていいの?」と聞けば、「いくつでも」と気前の良いあんざい農園のかた。
色が赤くて丸いのが美味しい桃だとの情報を得て、いざ桃林に突入!
たわわに桃が実っている!夢のような光景だ016.gif
どれが美味しい桃なのでしょうか!?
e0083204_17223268.jpg

雨のせいか、余計にみずみずしく見える・・・ウットリ。
この子を戴きましょう011.gif
e0083204_1728117.jpg

何度取りに来てもいいとのことなので、まずは、4つ選んで食べてみることに。
e0083204_17302980.jpg


<ワンポイントアドバイス>
・桃の線の入ってるところ(窪んでるところ)は、あまり甘くない
・上から見てプックリ膨らんでるところが美味しい。
(この写真だと上と下の部分)
e0083204_17324787.jpg

ということで、膨らんでるところだけを食べるという、なんとも贅沢な手段で4つの桃をたいらげた。
私には桃を見る目がないらしく、皮をむくときもりんごのようにシャリシャリ音がする
硬いものばかりを選んでしまっていたが、みんなは程よくやわらかいものを食べていた・・・
とはいえ、硬くても甘い桃もあったし、何より初めての桃狩りだから大満足♪

ここで、お昼から開くというお洒落カフェ cafe in CAVEでブレイク。
古民家から集めてきたという、なんともレトロで不ぞろいの家具たちがセットされた
こじんまりとした空間は、とても落ち着く雰囲気。

この時期のお勧めはなんと言っても桃スムージー
ヨーグルト風味の桃のシャーベットの上に桃の角切りが乗っている、絶品だ!
e0083204_1885256.jpg

ここでは、シーズンにあわせたデザートを開発しているらしい。
9月になれば梨、10月にはラ・フランスのデザートがでるとか。
来月も行きたい!!

焼き物の展示のほうも古民家を改築したようなお洒落な空間だった。
e0083204_18134983.jpg



お持ち帰りのお土産用に、桃をさらに3つほどもぎって、今回の旅は終了~。
沼尻高原ロッジの皆様、今回も楽しいたびをありがとうございました!
[PR]
by mamering | 2008-08-23 18:16 | 国内旅行

ハワイでの風景~後編~

だいぶ遅くなったけどハワイ報告第二弾!

パックツアーのホテルはアンバサダーだったけど、
贅沢にも自分で予約したヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチリゾート&スパに二泊。
昨年の出張で泊まれなかったのが残念だったので、リベンジの意味をこめて。

やっぱ、違うよ。
「オーシャンビューがいい!」とだけ伝えてあったので、
どの建物の何階か、当日までまったくわからなかったけど、
渡された鍵はレインボータワーの17階、デラックスオーシャンビュー
ダイヤモンドヘッドビューのオーシャンビューという最高の部屋を押さえてくれていた!

さらに、なんとなんと、夕方頃、ふと窓の外をみると、大きながでていたのだ!!
海面まで続く虹を見よ。
e0083204_0342755.jpg


はるか下界からは、アロハなmusicと波の音が絶え間なく聞こえてくる。
これは、一日ホテルの部屋で過ごしていても飽きないなー。
あっつい日中は日陰のベランダから海を眺めてのんびり過ごすのが正解だ。

ベランダから見た海。漂う人々。
意外と水は冷たくて、私は5分ともたなかった。
e0083204_0395544.jpg

ベランダから見たダイヤモンドヘッド(昼間)
e0083204_044867.jpg

ベランダから見たダイヤモンドヘッド(夕方)
e0083204_0444883.jpg

多くの時間を過ごしたヒルトン・レインボータワーのベランダ
e0083204_0462061.jpg


見てたら登りたくなったダイヤモンドヘッド
ワイキキビーチ近くから激混みのバスに乗ってふもとまで。
そこから歩くこと10分で上り口に到着。
e0083204_0595113.jpg

すでに日は高々と昇り、容赦なく灼熱の太陽が照り付ける中、急勾配の坂や階段を登っていく。
わずかな木陰で休み休み登ること1時間、ついにてっぺんに到着!

グレートビュー!!
ワイキキビーチが一望だ!
e0083204_192444.jpg


夜はまたワイキキビーチ沿いを散歩。
e0083204_11115.jpg

この時間が風が涼しくて一番いいね。
e0083204_1154597.jpg

e0083204_1193623.jpg


最終日の朝食は行列のできる店 Eggs'n Things(エッグスン・シングス)で。
こちらのお店の"売り"がこのでっかいパンケーキ
ふわふわのパンケーキ5枚の上に、たーーっぷりのホイップクリームが。
味は甘さ控えめで、とっても美味しいのだが、なんせ量が多くて食べきれない。
注文した時、お店のおばちゃんがニヤっと笑って「good girl!」といった意味がわかった。
そして、誰も注文していない理由が・・・
e0083204_1211952.jpg

3人でちょうどよいと思われる。

店内はものすごい混んでいた。
最後の日にナイスな挑戦だった!
e0083204_1294193.jpg


ハワイ最高!
[PR]
by mamering | 2008-08-05 00:46 | 海外旅行

<2日目>天気:057.gif

前日の雄国沼エコツアーの疲れはロッジの極上かけ流し温泉で癒し、
いよいよ待ちに待ったさくらんぼ狩りの朝・・・!
なんと激しく降る雨の音で起きたのだった・・・007.gif

意気消沈のメンバーであったが、お世話になるサクランボ農園について、
実はサクランボは雨にぬれると実が破裂するため、ビニールハウス内で育てる、
ということがわかり、一同大喜び070.gif

つくなり、狩るまえからサクランボが大量に振舞われた。
佐藤錦の他、数種類盛ってあるとのことだったが、何も考えずにあっという間に食べつくされた。
e0083204_1381158.jpg

はじめてみた双子のサクランボ。
e0083204_13848100.jpg


前日までに、ほとんど狩り終わっているとのことでしたが、
われわれのために、一本だけ、たわわに実った佐藤錦ちゃんをキープしてくれていた!
一本の木を取り囲む4台の脚立をみて一同興奮のボルテージは最高潮。

「この木、一本食べていいよ」

が、合図となって、一気に脚立に駆け登って佐藤錦に食らいつく。
e0083204_145242.jpg

e0083204_146778.jpg

激ウマの佐藤錦~
e0083204_1422184.jpg

e0083204_1425314.jpg

お土産用のパックまで詰め放題で、パックに口にサクランボを詰めこみ大忙し。
登って食べて、降りて食べて、夢中になること30分、遂に木を一本丸々6人で食べつくしたのだった・・・!
e0083204_1492451.jpg

e0083204_150751.jpg


とっても大満足のサクランボ狩りツアー、農家の皆さんありがとう!!
[PR]
by mamering | 2008-07-04 01:50 | 国内旅行

SWICH@三宿

e0083204_1623739.jpg

246沿いの美容室兼カフェ、SWITCHでお茶。
知恵の輪があって暇潰しには持ってこいだ。

こんなのとか
e0083204_1371096.jpg

こんなのとか。
e0083204_1375619.jpg

チョコレートケーキを食べました。
e0083204_1385385.jpg

ふと足元をみるとモジャモジャのものが!
e0083204_1310052.jpg

看板ワンコのようだ。HPによるとチロルというらしい。
e0083204_1311149.jpg

最近の世田谷カフェには犬がつきものだないることが多いですね。
近くに猫カフェがあったらいきたいなー。

追記:
HPをみたらどうやらこのカフェ、猫もいるっぽい??
もう一度いってみてみようっと。
[PR]
by mamering | 2008-06-14 16:23 | ちょっといいこと

e0083204_15404489.jpg

今日の読書の場所は、三宿通りぞいのハンバーガーカフェ、FUNGOのテラス席。青い壁が目印。車通りが多く、テラス席はややウルサイけど、観葉植物で、遮られているので、それほど気にならない。

ニューヨークチーズケーキとアイスティーのセット(800円)でどれだけねばれるか!?
[PR]
by mamering | 2008-06-08 15:40 | ちょっといいこと

散歩から旅まで。お出かけ記録