雨飾山登山&キャンプ

7月16~18日の三連休に、百名山の一つ、
長野県小谷(おたり)村にある雨飾山(1,963m)に、yoshiさん達と登ってきた。


初日は、昼過ぎに野営場所の雨飾高原キャンプ場に到着し、鎌池の周囲をお散歩。
晩御飯は絶品チリコンカンを食べ、夜には近くの無料温泉で寛いで早めの就寝。

そして登山当日、朝4時に起床、5時半過ぎにキャンプ場のすぐ脇にある登山口から雨飾山アタックを開始した。

最初は歩きやすい木道。この時間は太陽もまだ山に隠れているので気温も低めで清々しい。
e0083204_1602256.jpg

木道が終わるといよいよ上り坂。ブナの林の中を一時間くらい登る。
途中、ブナの巨木がそびえていたり、高山植物がチラホラあるなど、
つらい登りの最中でも、見るものがたくさんあって気がまぎれるのがありがたい。

銀龍草(ギンリョウソウ)。
ムーミンに出てくるニョロニョロのようで何ともかわいらしい。
e0083204_1605399.jpg


出発して1時間半くらいで雪渓の残る荒菅沢に到着。ここで全ルートの半分くらい。
(記念写真を撮るグループの後ろに忍び寄る黒い影・・・同行の黒ラブフィーゴ)
e0083204_1625635.jpg

登りが結構急だったのと気温が上がって来たのとで、ものすごく暑くてバテ気味だったので、
雪渓の上を吹き抜けるドライアイスのような冷気が最高に気持ちよかった。
e0083204_1633669.jpg

フィーゴも冷たい氷に大喜びで、しばしお腹を雪につけて涼んでいた。
e0083204_163444.jpg

雪渓をぬけてからはまた急な坂が上り坂が続き、汗だくに・・・
時々上がってくる雪渓からの冷気で気力を取り戻しつつ、もくもくと登っていくと「お花畑」と呼ばれる尾根に出た。
e0083204_1655425.jpg

尾根の左右はまさしくお花畑になっていて、さまざまな高山植物が見られた。
(名前は忘れてしまった)
e0083204_1158476.jpg

e0083204_11592057.jpg

e0083204_11593740.jpg

e0083204_121094.jpg

e0083204_1211920.jpg

尾根の右手に新潟の糸魚川と日本海がボンヤリと見える。
e0083204_1681274.jpg

左手には先ほどわたってきた荒菅沢の雪渓が、さらに奥の方にはキャンプ場が見える。
e0083204_1683632.jpg

途中、犬泣かせな梯子が何箇所かあったけど、フィーゴは頑張った。
e0083204_1672032.jpg

頂上に向かう最後の急登。さすが三連休の百名山とあって、頂上を目指す人の行列が出来ていた。
e0083204_168181.jpg

9:15頃、3時間半ほどかけて、無事、雨飾山の山頂に登頂成功!
e0083204_1694196.jpg

頂上は2つあり、どちらも大勢の人がいて混雑していた。
e0083204_1611392.jpg

頂上からは北アルプスの絶景が見えるのだそうだが、
この日は北アルプスに雲がかかりお目にかかれなかった。残念。
[PR]
# by mamering | 2011-07-29 15:40 | お山

ゴーヤの苗を植えてからはや4週間、やっとネットを張ることができた。
貼り方は完全なる我流で、ベランダの手すりに縦1m、横1.8mにわたり設置。

これ↓
e0083204_2238156.jpg


次にどうやって蔓をネットに絡ませるのか、よくわからなかったので、
これまた我流で長めの蔓をネットにグルグル巻きつけてみた。
e0083204_22382214.jpg


上からみた図
e0083204_22383269.jpg


これで苗も安定して、安心して蔓を伸ばしてくれればよいのだけど。
液体肥料(ハイポネックス)もあげたので、今までよりは良くなるはず。

ところで、右の苗の親蔓がぱかっと割れているのを発見。
よく観ると、その先の葉っぱや蔓に元気がない。
e0083204_22383728.jpg


調べてみると、蔓割れ病なる病があるらしいが、
まさしくそれなんではないだろか。。。
この病になると根っこが白いカビで覆われ、周りの株にも伝染するらしい。
だとしたら、即刻除去しなければならない。
でも、蕾も二個ほどできてることだし、引っこ抜くにはしのびないので、
しばらく様子を見ることにした。。
[PR]
# by mamering | 2011-07-06 15:54 | サンクチュアリー

散歩から旅まで。お出かけ記録