XとY

e0083204_1217555.jpg
e0083204_12175661.jpg
葉っぱは似ているけども違う植物。
Xはサワラで、Yはヒノキ。

どちらもヒノキ目ヒノキ科ヒノキ属なのでほとんど同じなんだけども。
そしてヒノキ花粉症の私にはどちらも敵である021.gif
場所
大倉山記念館
神奈川県横浜市港北区大倉山2-10-1

[PR]
by mamering | 2013-04-06 12:06 | お山

少し前になるけど、11月5日、日本三奇勝の一つ、群馬県の妙義山に登ってきた。
登ったと言っても、頂上付近は「超上級」の危険な鎖場があるので、
中腹を横断する関東ふれあいの道をいくことにした。

登山の開始は金の大黒様が眩しい中之岳神社近くの駐車場。
e0083204_15392261.jpg

AM9:00 県道脇の登山口から登り始めた。紅葉がいい感じ!
e0083204_1542653.jpg

まずは石門エリア。案内看板がカワイイ…
e0083204_15461179.jpg

AM9:10 第一石門は直ぐに見えてきた。その大きさに圧倒される!デカっ!
e0083204_15472682.jpg
e0083204_15503111.jpg

石門下から見上げたところ。紅葉した葉っぱのコントラストがキレイ。
e0083204_15511867.jpg

AM9:20 第二石門に向かう途中のかにの横ばい、それなりに怖い。
e0083204_1552382.jpg

横ばいの次は垂直に登る鎖場。第二石門自体を眺める余裕がない・・・
e0083204_1553682.jpg

登り切ると錦に彩られた絶景が待っていた!
e0083204_15545522.jpg

が、絶景を落ち着いて堪能する間もなく、体感角度=垂直の、なかなかに怖い鎖場、つるべ落とし。
e0083204_1557937.jpg
こんな恐ろしい鎖場でさえ「関東ふれあいの道」なのだろうか。。
名前に似つかわしくないアドベンチャラス&デンジャラスな道です。はい。

第三石門についてはほぼ記憶がないくらいにサラッと通過。

AM9:50 第四石門は休憩ポイントになっているので、しばしおやつ休憩。
第四石門の間からは大砲岩が見えて、ちょっとした撮影ポイントに。
e0083204_16146100.jpg


第四石門横からの絶景~
e0083204_1652665.jpg


この季節の関東ふれあいの道は色づいた葉っぱがホントに美しい。
e0083204_2322988.jpg

PM2:00 ゴールは妙義神社。
e0083204_2323095.jpg

パワースポットの三本杉の中に入ってご利益もらったら妙義山登山の終了~。
e0083204_23322982.jpg

[PR]
by mamering | 2011-12-24 06:34 | お山

雨飾山登山&キャンプ

7月16~18日の三連休に、百名山の一つ、
長野県小谷(おたり)村にある雨飾山(1,963m)に、yoshiさん達と登ってきた。


初日は、昼過ぎに野営場所の雨飾高原キャンプ場に到着し、鎌池の周囲をお散歩。
晩御飯は絶品チリコンカンを食べ、夜には近くの無料温泉で寛いで早めの就寝。

そして登山当日、朝4時に起床、5時半過ぎにキャンプ場のすぐ脇にある登山口から雨飾山アタックを開始した。

最初は歩きやすい木道。この時間は太陽もまだ山に隠れているので気温も低めで清々しい。
e0083204_1602256.jpg

木道が終わるといよいよ上り坂。ブナの林の中を一時間くらい登る。
途中、ブナの巨木がそびえていたり、高山植物がチラホラあるなど、
つらい登りの最中でも、見るものがたくさんあって気がまぎれるのがありがたい。

銀龍草(ギンリョウソウ)。
ムーミンに出てくるニョロニョロのようで何ともかわいらしい。
e0083204_1605399.jpg


出発して1時間半くらいで雪渓の残る荒菅沢に到着。ここで全ルートの半分くらい。
(記念写真を撮るグループの後ろに忍び寄る黒い影・・・同行の黒ラブフィーゴ)
e0083204_1625635.jpg

登りが結構急だったのと気温が上がって来たのとで、ものすごく暑くてバテ気味だったので、
雪渓の上を吹き抜けるドライアイスのような冷気が最高に気持ちよかった。
e0083204_1633669.jpg

フィーゴも冷たい氷に大喜びで、しばしお腹を雪につけて涼んでいた。
e0083204_163444.jpg

雪渓をぬけてからはまた急な坂が上り坂が続き、汗だくに・・・
時々上がってくる雪渓からの冷気で気力を取り戻しつつ、もくもくと登っていくと「お花畑」と呼ばれる尾根に出た。
e0083204_1655425.jpg

尾根の左右はまさしくお花畑になっていて、さまざまな高山植物が見られた。
(名前は忘れてしまった)
e0083204_1158476.jpg

e0083204_11592057.jpg

e0083204_11593740.jpg

e0083204_121094.jpg

e0083204_1211920.jpg

尾根の右手に新潟の糸魚川と日本海がボンヤリと見える。
e0083204_1681274.jpg

左手には先ほどわたってきた荒菅沢の雪渓が、さらに奥の方にはキャンプ場が見える。
e0083204_1683632.jpg

途中、犬泣かせな梯子が何箇所かあったけど、フィーゴは頑張った。
e0083204_1672032.jpg

頂上に向かう最後の急登。さすが三連休の百名山とあって、頂上を目指す人の行列が出来ていた。
e0083204_168181.jpg

9:15頃、3時間半ほどかけて、無事、雨飾山の山頂に登頂成功!
e0083204_1694196.jpg

頂上は2つあり、どちらも大勢の人がいて混雑していた。
e0083204_1611392.jpg

頂上からは北アルプスの絶景が見えるのだそうだが、
この日は北アルプスに雲がかかりお目にかかれなかった。残念。
[PR]
by mamering | 2011-07-29 15:40 | お山

百蔵山で山クッキング

5月21日、太陽がさんさんと照りつけるこの日、
大月市にある百蔵山に登ってきた。

6ヶ月になる息子のお世話で膝を痛めていたため、
がっつりと膝を守る膝サポートを用意しての登山。
体力面でかなり不安だったけど、山の中に入るとやっぱり空気は違う。
e0083204_1136382.jpg

暑さと久々な運動にバテながらも、黙々と登っていると、途中の見晴台から富士山がうっすら見えた。
百蔵山は大月市秀麗富岳十二景のひとつで、条件が整えばかなりはっきりくっきりと見えるようだ。
e0083204_1138155.jpg

登山道には山ツツジが咲き始めていた。
e0083204_11391680.jpg

そこから30分ほどで、標高1003メートルの頂上に到着。
e0083204_11395989.jpg




今回のメインイベントは頂上での山クッキング011.gif
コッヘルやらコンパクトストーブを持参して、温かく豪華な食事をいただく。
メニューは、乾杯のワインに、バジルのショートパスタ、チーズフォンデュ、マシュマロのウインナーコーヒー、リンゴ。
充実の山ランチにすっかり寛ぎ、2時間ほどのんびり過ごした。
e0083204_11391732.jpg

e0083204_11403335.jpg


これまではキャンプで楽しんでいたけど、山でのクッキングも楽しいしおいしい!
またやりたいものだ。

下りは結構な激坂で、産後あがりの私の膝はガクガクブルブル。
どのくらいって、後ろを歩くyoshiさんにも指摘されるほど。
どうにか無事に下ってきたけど、もうちょっと下りが長かったらコケていたやも。。。
もともと筋力不足だったのに、産前産後の安静時期が長かった為、さらに筋力が衰えたみたいだ。
このままでは次シーズンのバックカントリーに不安が残るので、
筋力トレーニングと称して、登山を続けねば。


下山後、近くにある名勝「猿橋」を見てきた。
e0083204_11412065.jpg

不思議なデザインの木造の橋だったけど、
それより橋が架かっている渓谷の美しさに目が奪われた。
e0083204_11414436.jpg

秋は紅葉がキレイだろうな。



[PR]
by mamering | 2011-05-28 22:44 | お山

散歩から旅まで。お出かけ記録