生け花教室

私の処女作↓ 右はセンセ。
e0083204_159363.jpg

今日は昼下がりから、
草月流華道の水翫(すいがん)先生の元で
生け花を初体験してきた。

使ったのは、トルコキキョウ(花)と
アワ(狐のシッポみたいの)、
わすれた(細長いひょろっとした節のある草)。

生け花が意外とロジカルに出来ていることにまずは驚き。
草月流の基本は、真(しん)・副(そえ)・控(ひかえ)の3本。
 真・・・中心となる一番長い一本。
    中心軸から左に10度倒した角度で生ける。
 副・・・中心軸から左前方に45度倒した角度で生ける。
    長さは「真」の3/4。
 控・・・中心軸から右に75度倒した角度に生ける。
    長さは「副」の3/4~1/2。

これが基本となって、あとは、センスでグスグス刺していくのだ。。。

最後に先生の修正が加わって完成。
出来は・・・まぁまぁ良い、とのこと。
強いて言えばシンプルすぎて寂しいかも、、、とのこと。
うーーーむ、確かに。


本日の「華道」に先日の「書道」・・・
気が付くと、無心になっているという共通点がありますな。
すなわち、いずれも「無」へ近づくための「道」か。
そういや「弓道」もそれに似てた・・・かな?


最近、日本の文化がオモシロイ。
次は「茶道」かな!
[PR]
by mamering | 2006-07-22 22:10 | ちょっといいこと

散歩から旅まで。お出かけ記録