北海道の旅~阿寒湖~

北海道旅行5日目の朝、釧路川カヌーツアーを存分に楽しんだ後、
この日の野営地オンネトーに行く途中にある阿寒湖を目指す。

弟子屈町から阿寒湖につながる国道241号、通称「阿寒横断道路」をしばらく走っていると、
道沿いに双岳台という場所が現れる。
その名の通り、雄阿寒岳(右)と雌阿寒岳(左)の2つの山が見えるポイントだ。
e0083204_23113894.jpg

そこからしばらく進むと今度は双湖台という展望台に到着。
こちらは、ペンケトー(手前)、パンケトー(見えにくいけど奥にある)という2つの湖が見えるポイント。
ちなみに、アイヌ語で「トー=湖」「ペンケ=上」「パンケ=下」という意味だそうな。
e0083204_23175782.jpg

双湖台を出てから、数十分ほど走り続けてお腹が空き始めた昼過ぎ頃、
阿寒湖畔に到着。
アイヌ文化に彩られた小さい町、アイヌコタンで食事をすることに。
町の中心にはなにやらトーテムポールのようなものが。
e0083204_23451566.jpg

よく見るとかわいい。熊やら鮭やら・・・いろいろくっついてる。
e0083204_23484143.jpg

ここはオンネチセという、アイヌ古式舞踏を鑑賞できる場所(らしい)。
今回は人気が無く、なんとなく見るのをやめてしまったが、今度行ったら見てみたい。
e0083204_23493739.jpg


お昼は、屈斜路湖判でも行った丸木舟。
ギョウジャニンニクの入ったキトピロラーメンを食べた。
力の出るお味でした。
店内にはアイヌ民族衣装が飾ってある作業場らしき場所もあり、
タイミングがよければ、アイヌ民族衣装を作っている現場が見られるのかも。
e0083204_012119.jpg


お腹を満たした後は、たくさんあるお土産屋さんを物色して、
鹿の角で作ったアクセサリー、ふくろうのストラップ、アイヌ模様の巾着を入手。
気づいたら全部自分達のお土産だった・・・


[PR]
by mamering | 2010-03-08 00:17 | 国内旅行

散歩から旅まで。お出かけ記録